トレンドファッションのシュヴァルツ

2017年のトレンドはもうおさえておりますか?どんなコーディネートをすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?もし、意識をしていなかったら今からでも知っておきましょう。コーディネート例で最新スタイルを紹介しております。

TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)のASCEL / SCOOP L(食器)

約 1 分




TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|ブラック
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|ホワイト
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像
TOKYO CULTUART by BEAMS(トウキョウカルチャートバイビームス)の「ASCEL / SCOOP L(食器)」|詳細画像

未来工芸スプーンでの使いやすさを追求した器です。
器のリムの一部が隆起しており最後まで、すくいやすい形となっています。
撥水処理を施してあり、蓮の葉のように水を弾き手入れも簡単です。
こちらはLサイズです。

本製品は一つひとつ手作業で作られているため、同じデザインの商品でも大きさ、色、形、重さなどすべて微妙に異なります。
また、表面にはピンホール(小さな穴)、(細かい鉄点黒点)や白点、凹凸や歪み、釉薬が溜まった部分、貫入(表面のヒビ)、素地の色が透ける部分、表と裏の表情の差など、一つひとつに個性があります。
使用後は内容物をそのまま放置せず、すぐに中性洗剤洗い、よく乾燥させてから収納してください。
陶器は吸水性があるため、不十分な乾燥等はカビやシミ、臭いの原因となります。
カレーやコーヒーなど色のあるものを入れると、その貫入の箇所に色がつくことがあります。
使ってきた愛着の印でもありますが、気になる場合は食器用の漂白剤説明書をよくお読みの上、つけ置き洗いをしてみて下さい。
食器乾燥機などをご利用の場合は、高温洗浄や、食器同士がぶつかり合いますと破損したり、亀裂が生じる場合がありますので、おすすめしません。

■ASCEL工芸の伝統技法と最先端の3Dテクノロジーを掛け合わせ、これまでに無かった独自の技法によって新たなモノづくりの価値を創造するベンチャー起業”secca”から生まれたホームウェアブランド。
幾度と試作を繰り返し追求された素材感や機能性がシンプルなデザインに集約されている。
http://secca.co.jp

ブランド:TOKYO CULTUART by BEAMS
対象: 食器/キッチン> 食器
商品名:ASCEL / SCOOP L
ジャンル:-

商品のご購入はこちらから

上記で該当がない場合はこちらもご確認下さい

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)