トレンドファッションのシュヴァルツ

2017年のトレンドはもうおさえておりますか?どんなコーディネートをすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?もし、意識をしていなかったら今からでも知っておきましょう。コーディネート例で最新スタイルを紹介しております。

fennica(フェニカ)の益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)

約 1 分




fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|その他1
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|その他2
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|その他4
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|その他5
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「益子焼 / 濱田窯 湯呑(食器)」|詳細画像

濱田窯
言わずと知れた民芸運動の創始者のひとり“濱田庄司”が、栃木県益子に開窯。
自身の作家活動の軌跡を「京都で道をみつけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」と語るように、各地で養った知識・センス・技術を、益子の風土と材料に落とし込んで、濱田庄司オリジナルの製品を作り出し、焼物の一大産地と言われるほどに発展した“益子焼”を牽引し続ける窯元として存在し続けています。
現在は、庄司の次男・晋作氏(二代目)、孫・友緒氏(三代目当主)が窯を運営され、濱田窯伝統の食器を中心とした製品を変わらず世に送り出しています。
※すべて手仕事により作られております。
同じ形の食器でも、模様の出方など一点一点焼き上がりが異なります。
手作業ならではの一つ一つの微妙な焼き上がりの違いをお楽しみください。
【陶器ご使用時の注意点】
初めてお使いになる前に、目止めをお勧めしています(米のとぎ汁や水に溶いた小麦粉に一晩浸けて下さい)。
また料理を盛り付ける前に水に通してからご使用下さい。
匂いや油分が付きにくくなります。
うつわを洗った後は乾燥させてから保管して下さい。

ブランド:fennica
対象: 食器/キッチン> 食器
商品名:益子焼 / 濱田窯 湯呑
ジャンル:-

商品のご購入はこちらから

上記で該当がない場合はこちらもご確認下さい

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)