トレンドファッションのシュヴァルツ

2017年のトレンドはもうおさえておりますか?どんなコーディネートをすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?もし、意識をしていなかったら今からでも知っておきましょう。コーディネート例で最新スタイルを紹介しております。

fennica(フェニカ)の小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)

約 1 分




fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|その他1
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|その他2
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|その他3
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像
fennica(フェニカ)の「小鹿田焼き / 指描フリーカップ(グラス/マグカップ/タンブラー)」|詳細画像

小鹿田焼き
小鹿田焼きは大分県日田市の山あいの里で1705年に開窯され、以来文化や製法を10軒の窯元の人々が一子相伝で今日まで守り続けています。
昭和の始めに民芸運動の創始者・柳宗悦が小鹿田焼きを絶賛し人々に広め、今や日本を代表する民芸品として国の重要無形文化財の指定を受けています。
「飛び鉋」や「打ち刷毛目」と呼ばれる独特な装飾をもち、日常使いの器として古くから人々に愛されてきました。
水力を利用した全国でも珍しい臼で地元の土を突き陶土を作り、一つ一つ丹念に形作られた後、登り窯にて焼成されています。
※すべて手仕事により作られております。
同じ形の食器でも、模様の出方など一点一点焼き上がりが異なります。
多少の個体差がありますことをご了承ください。

ブランド:fennica
対象: 食器/キッチン> グラス/マグカップ/タンブラー
商品名:小鹿田焼き / 指描フリーカップ
ジャンル:-

商品のご購入はこちらから

上記で該当がない場合はこちらもご確認下さい

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)